自転車はもっと交通ルールを守ってほしい

交通ルール

子供が産まれてからは今まで以上に交通ルールを守ることを重視するようになりました。
そうすると見えてくるものがかなりあります。
私が最初に考えたのは、歩行者が率先してルールを守る事でした。

しかし、それだけでは安全にどうろ道路を利用することはできません。
交通ルールを守っていないものが多いのが問題です。
そして、体感ではありますが、最もルールを守っていないものは何でしょう?
「自転車」です。
これほど守っていないのは他にないと思います。
子供の安全を確保したい私としてはどうしても皆さんに守ってもらいたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自転車の分類はそもそも何か

まず、車やバイクが歩道を走行している光景は日常ではまず見ることはありません。
もし走っていたとしたらニュースで取り上げられるレベルの事態ですよね。
しかし、自転車に関しては非常に多いですよね。これが、大きな問題です。

自転車なんだからバイクや車と比較されても…なんて思う方もいるかもしれませんが。
(そんな大人いないですよね?)

自転車は「軽車両」つまり分類上は”車両”です。車やバイクなどと同分類です。
車両が歩道を走行するってとても怖いですよね。

歩道を使っていい例外

ただし、自転車については歩道を使っていい(走っていいとは言いません)例外が存在します。
老人(70歳以上)や子供(13歳未満)、一定の身体障害を有する人の場合です。
ここで一つ重要なポイントとして子供を乗せた親の自転車はこの例外に当てはまりません

そしてもう一つの例外は、道路側をどうしても走行することができない場合です。
これは一応誰でも歩道を使っていい事になっています。

でもこれ、歩道を使っていいわけであって、走行していいよってことではありません
そもそも歩道を走行する場合は、「いつでも止まれるような速度」つまり徐行(10km/h以下)での走行になります。歩道は歩行者の道です。

ではどこを走行すればよいのか

という事で自転車は走行したければ車道を走るべきとなります。
正確には車道の左側のみです(右側、つまり道路の中央付近はNG)。
また、広い歩道では、自転車道が設置されている場合がありますね。
その場合は、自転車道を利用することになっています。(歩行者優先でお願いします。)

よく見る危険運転

右側の歩道を走行

右側の歩道を自転車漕いで走行している自転車多いですよね。

地域性なのかわかりませんが、私の登園区間では子供を乗せた自転車で多いです。
ぜひ、こういった危険な行為はやめてください。

私も子供の安全を考えたら、歩道側を走行したいと考えます。
しかし、それによって歩行者を危険に晒してはいけませんよね。
どうしても歩道側を使いたいなら、自転車から降りて、押して歩いてください。

人道橋を走行

人道橋も走行している自転車が多いですね。
人用の道で橋になっているから「人道橋」です。
何度も書いていますがどうしても使いたい場合は、しっかりと「降りて」自転車押してくださいね。

最後に

自分も反省

これは今反省していることですが、高校時代はウォークマン装着して自転車通学してました。
過去の自分に会えるとしたら、「それは危険行為だ、即刻中止せよ」と言いたいです。

道路交通法改正

2015年6月1日に道路交通法が改正されて、自転車の取り締まりが厳しくなりました。
以前がどの程度ゆるい取り締まりだったのかわかりませんが、小さな違反でも摘発されてしまう事になりました。

よく見かける違反項目を列挙しておきます。
・歩道走行(例外あり)
歩行者にむやみにベルを鳴らす
・一時停止無視
・一方通行を無視
・ながら運転
・傘さし運転(正確には、視界が悪くなるものを手で持つ、担ぐ事)
他にも知りたい方は「道路交通法 改正 自転車」で検索してみるとまとまっているサイトがすぐ出てきます。

以上安心して使える道路をどうしても作りたい、パパブロガーからのお願いでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました