子供との雨の日のお出かけ

育児

小さい子供がいると、お出かけの際は荷物が多いですよね。
雨の日はそれに加えてさらに荷物が増えてしまいます。
出来ればお出かけを控えたい所ですが、そうもいかないこともしばしば。

今回は、雨の日のお出かけ対策について紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最低限必要なもの

普段のお出かけグッズです。
これがあればひとまずは大丈夫です。

しかし、雨の日は濡れてしまう可能性が非常に高くなりますから、タオルなど拭くものは余計にあった方がいいですね。
濡れたタオルを入れておくためのビニール袋もあるといいでしょう。

それに加え、傘かレインコート、ベビーカーなら専用の雨よけカバーといったところです。
最低限にするのであれば、ベビーカーを取りやめ、子供を抱っこする形にして、傘のみにするという手もあります。
子供をずっと抱っこする形にはなりますが、荷物は減らすことが可能ですね。

あると良いもの

子供用の傘、レインコート、子供の替えの服。
雨の強さにもよりますが、服まで濡れてしまうようなら替えの服は必要です。
ちなみにですが、そのくらいの強さの雨ならば、お出かけを取りやめる事を考えた方がよいかもしれません。
ただでさえ雨の日は普段よりも体力を消費するのですから無理をしてしまうと余計に体力を使い、疲れてしまいます。

また、子供は意外と雨が好きだったりしますので、濡れてしまう事は避けられません。
そのためにも子供の雨対策用品の準備はしておく方がいいですね。

さらに充実させるなら

さらに子供の替えの服、大人の替えの服、タオルなどなど

濡れてしまった場合に子供の着替えをさせても、それで済むとも限りません。
もしかしたらまた、濡れてしま事も。と考えてしまうと、追加の子供の服も必要になりますね。

また、ここまでは子供の雨対策ばかりでしたが、大人も対策をするとなると一気に荷物が増えます
当たり前ですが、大人の服の方がサイズが大きいですから、1着用意するだけで、子供の分の2人分くらいにはなってしまいます。

準備しようと思えばいくらでも準備した方がいいものがありますから、どこかでしっかりと取捨選択することが必要です。

最後に

突然の雨が一番困ります。
しかし、天気を事前に調べておけば防ぐことが出来る可能性がかなり高まります

前日の時点で調べて下準備。

当日調べて持って行くのか判断。

とすると良いですね。
我が家の場合は雨天中止が多く、それでも行かなければならなければ、タクシーを利用してしまいます。
結果的にその方が負担が少ないです。
雨の日は大変ですが、どこまで対策するか事前に考えておき、お出かけしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました