子供達とのバランス

育児

子供が何人もいるとまんべんなく愛情を注ごうと思っていても、どちらかに偏ったりしてしまいます。
そうせざるをえない都合等もありますからね。我が家もそんな感じでした。

今回は子供達にバランスよく接するだけがすべてではない事をお話しします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

理由はある

私の場合、どちらかというと長女(上の子)寄りに育児しています。
一番の理由は妻がメンタルの面で育児につかれてしまった時があったことです。
産婦人科でもしっかりヒアリングしていただき、結果としては育児ノイローゼではなかったので良かったのですが、その頃から私(夫)がメインで上の子の面倒を見るようになりました

人によっては問題かも

私の場合は、子供が産まれてからは親としての自覚が生まれましたので、最初から率先して育児をしていました。
なので、メインで上の子を見ることになっても、問題はありませんでした。
お陰様でパパっ子に育っていますから私としては万々歳です(笑)

これが残念ながら親としての自覚が今一歩足りない、となると大変でしょう。
夫としてもうまく子供を見ていられない事、妻としても何とかしたいが疲れてしまい、最悪そのまま本当に育児ノイローゼになってしまう…なんてこともあるかもしれません。

バランスが悪くても良い?

そもそも双子などでない限り、月齢が異なりますから、そんな子供達を同じように扱うのは難しいと思います。
例えば、妻が産前で実家に帰っているとすればその時は上の子と二人きりで過ごす必要がありますよね。
また、次女(
下の子)が産まれたとすれば母乳の必要性があって奥さんから離れられなかったりします。
となれば、バランスは絶対に崩れます。

無理にバランスをとる事よりも、うまく比重を変えて子供たちが一番満足するバランスを見つける方がいいですよ。

その後はどうなった?

今でも役割的には変わらないです。
上の子の方が体重がありますから、抱っことかも結果私になりますね。

お風呂は二人とも共通です。
父親の大事な役目として、二人の身体を荒い、二人と一緒には入っています。

もちろん下の子とは何もしていないわけではありません。
最近は一緒に遊んでいます。
笑ってくれるし遊び概があるんですよね。

上の子は少しずつ一人遊びも出来るようになってきました。
ただ、放っておくと部屋中が荒れ放題になるので、タイミング良く介入して、片づけを促したりしてます。(それでも荒れますけど)

最後に

私のブログ上ではあまり書いていませんでしたが「育児に正解はない」と考えています。
たとえ我が家ではうまくいったことであったとしても、それが他の家でうまくいくとは限りません。
子供の性格の違い、親の性格の違い、環境の違いなどきりがないほど「違い」があります。

違うのですから、人から教えてもらった方法で正解にたどり着けなくたっていいんです。
教えてもらった方法の中から正解を見つけてもいいし、自分なりの方法を模索して正解を見つけてもいいんです。

一番大事なのは、自分の中で「我が家の正解はこれだ」というものを見つける事です。
見つけさえすれば、後はそれをこなしていくだけです。
難しければまた別の方法を考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました