育児に役立つアイテム5選

育児

私が普段使っている育児に役立つアイテムを紹介します。
何か役立つものはないか考えている方、一度見てみてください。

オムツなど普段当たり前に使うものは除いています。
対象年齢は1歳以上にしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

育児に役立つアイテム5選

スリング

抱っこひもの一種です。
こちらの記事に良さをまとめています。
ベビーカーに乗せていたら抱っこしてほしいとせがまれ、抱っこするときや、歩き疲れた子供を突然抱っこするときにも便利です。

薄くて軽く、かさばらないのでいいですよ。
暑い日でなければ肩から下げておけばいいですしね。

タブレット(スマホ)

主に動画再生機です。
子供は気が付くと簡単に操作を覚えてしまうので驚きます。(悩みの種でもありますが)
ちょっと作業したいけど子供がいると危ないときとか動画を見てもらって大人しくしてもらうのに重宝します。

我が家では、上の子がこれを使って英語の手遊び歌をよく効くようになり、まあ英語教育にもいいかなと勝手に考えています。

しかしタブレットに育児をさせつづけるのはNGです。
のめりこみすぎると、画面の近くにずっといることになり目が悪くなる原因になるでしょう。
タイマーの設定や作業が終わったらおしまいにするなど決めておきましょう。

マグ&マグケース

一般的な形としては、両側にとってのついた蓋つきのマグカップですね。
月齢に合わせて飲み口を変えられ足りもします。

特に暑い日は持っておいた方がいいでしょう。
子供たちは熱中症の事を考えずに遊びまわります。
大人が注意して定期的に水分補給をさせてあげる必要があります。

また、マグはケースに入れてベルトに通して持ち運べるようにするとよいです。
手は空いたまますぐに子供に水分補給が可能です。
一緒に遊んでいる途中でもあげられますね。

電動アシスト自転車

ちょっとした通院の時や、ちょっと荷物多くなる買い物を子供と行くときの強い味方です。
使い始めの頃は漕ぎ始めの感覚(※)に慣れませんでしたが、今では当たり前になっています。
(※漕ぎ始めると後ろから自転車ごと押されているような感じでアシストが開始します。)
坂道もぐんぐん進んでいけます。速度帯に合わせてアシスト量を変えてくれるって考えてみたらすごいですよね。アシストしてくれるだけと思いきや技術の結晶です。

デメリットは何と言っても「価格」ですね。
我が家のアシスト自転車は確か13万越えだったと思います。
お財布には優しくないけれど今後保育園の通園などにも利用することになりそうです。

音楽CD


我が家では、「赤ちゃんのためのどうよう」というCDを活用しています。
保育園に通っていると私たちが知らないうちに、いろんな曲を覚えているので驚きます。
CD2枚組で25曲×2の計50曲収録されています。

子供たちも自分が聴いたことがある曲が流れだすと歌ったり、踊ったりとても楽しそうにしています。
童謡も古臭いかなとちょっと考えていましたが、やはり長年使われるだけのことはあり子供受けはとても良いです。
子供たちの喜ぶ姿を思うと買ってよかったですね。

まとめ

必須ではないけれど、あると便利だなと感じたものをまとめてみました。
値段もピンキリですので、気になったものを買ってみるとよいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました