2017年で一番遊んだゲームは…「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」

ゲーム

自分が2017年に一番遊んだゲームは何と言っても
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(以下、ゼルダ)」。
販売本数100万本達成記念という事で今回はこのゼルダについて熱く語ります。
ネタバレしないようにしてあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

発売日や概要

2017年3月3日にNintendo switch(以下、switch)とWii U版が同時に発売されました。
switch版は2018年8月現在も売れ続けているロングセラータイトルですね。
累計販売本数も100万本(switchのみで)を先日突破していました。
マリオや、ポケモンといった任天堂の代表作と肩を並べる任天堂の顔的タイトルです。

ソフトのラインナップとしては、「通常版」「限定版」「冒険ガイド&マップ付き」「ダウンロードコード版」があります。任天堂オンラインなら回生のマスターソード付きなんてのもありました。
さらに追加コンテンツの「エキスパンションパス」があります。
追加コンテンツもばっちり遊べますからおすすめですよ。
限定版や冒険ガイド&マップ付きについては時価になっているので今入手するにはちょっとお金がかかってしまいますね。

ゼルダの伝説について

ゼルダの伝説については歴史の長いタイトルで、1986年にその第一作が発売されています。
一応各作品がゼルダの一つの歴史としてつながっている(分岐はしています)ところもポイントで、作品によっては先の話だったり、過去の話だったりとその時その時で変わってきます。

今回のブレスオブザワイルドに関しては、今のところ歴史の明確な位置づけはされていません。
最近の情報によりますともっとも新しい歴史のようですね。

ゼルダの伝説というタイトルですが、主人公は「リンク」です。ゼルダは、お姫様の名前です。
ブレスオブザワイルドに関しては「リンク」固定ですが、他作品ですと名前の変更が可能です。

Nintendo switch入手までの経緯

Nintendo Switchに関しては、発売日購入組ではありませんでした。
買おうかなと思った時にはすでに遅く予約終了しているような状態でした。
私が購入したタイミングは発売後まもなくで、人気が徐々に上がってきて上がりきる前のところでした。
ゼルダが面白いという評判だけ耳にしていたので、欲しくなってしまったんですよね。
そしてその時からちょくちょくネット通販を覗くようになり、それが功を奏し、3月末に買えました。
当時は少し遅ければ手に入っていなかったかもしれないくらいの勢いでしたからこれは嬉しかったのを覚えています。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド入手までの経緯

実はソフトに関しては先に予約していました。
まあ、ラッキーだったと言えばラッキーでした。
限定版をAmazonでポチりと出来ましたので。

早速プレイ

先に言っておきますが、このゲームはやり始めたら、止め時が本当にわからなくなります。
ある意味そこを覚悟してプレイする必要があります。

初日に関しては午前11時頃に配達されてきたNintendo Switchを開封、設置し、12時を回ったところでプレイを開始しました。
その先はトイレに行く以外でその場を動かず、時計の短針が一周(12時間)してもプレイを続けているほど熱中していました。
次の日も朝起きて朝食を多めにとって準備し、妻が帰宅する直前までプレイしていました(配達日に妻は実家に用事があり子供と一緒に帰っていました。ラッキー以外の何者でもない!)

魅力は何と言っても「自由度」
オープンワールド系のゲームをプレイされることが多い人には当たり前なのかもしれませんが、自由度がこれまでのゼルダの伝説と桁違いでした。
メインマップの広さで比較すると、スタート地点のエリアだけで、ゼルダの伝説トワイライトプリンセスのメインマップが余裕で収まってしまうという広さです。スタートエリアって他のエリアから比べるとかなり小さいので、いかにマップが広大かが分かると思います。

また、最初のイベントをある程度進めると、そこから本当に「自由」に動き回ることが出来ます。
これからプレイされる方のためにもネタバレしたくありませんので、かなりざっとお話ししますが、最初からとあることが出来てしまうくらい自由です。

プレイ前に決めていたこと

今回のゼルダの伝説をプレイするに当たり「ネタバレはクリアするまで絶対にみない!」と決めていました。

そのおかげで純粋にラスボス撃破まで楽しめたのは本当によかった。
それこそこの作品をプレイした記憶を一度消して、もう一度最初からプレイしたいと思うほどです。
いや、ほんと記憶消す方法ないですかね?

その後は情報収集を解禁し、今度はほかのプレイヤーの遊び方をみて「そんな事までできるの!?」と自由度の高さに驚いたり、いろんな実況者の様々なコンセプト動画も楽しんだりと有意義にゼルダライフを送りました。
(その間よくもまあ家事育児と両立できたものだなと思います。)

今は100%クリアを達成したため、さすがにプレイしていません(ハードモードでのクリアを目指すというのも残っていますがまあいいかなと)

最後に

今後もこんな風に純粋に楽しめるゲームに出会いたいなと思います。
まさかこの年になってもこれだけハマれるゲームに出会えるなんて思ってもみませんでしたから。
是非だまされたと思ってプレイしてみてください。現在ならNintendo Switchも入手しやすくなっていますから。
サウンドトラックも発売されています。こちらもおススメです。(購入済)

コメント

タイトルとURLをコピーしました