育休中も趣味の時間は抜かりなく

育休

育休中の趣味の時間についてご紹介です。
記事内容は2017年11月に別サイトで作成したものをリライトしたものになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

育休中の趣味時間について

自分の時間として3時間も取れるわけでもないので、普段は合間合間に取るようにしています。

休みの日の夜(金曜や、土曜日の夜)についてはまとめて取ることもありました。
場合によっては午前3時までゲームで遊んでいることも。
この時は、大逆転裁判2がとても中途半端なところで終わっていたのを思い出したこともあり、せっかくの機会だからとやり直し始め、無事エンディングを迎えることができました。
内容に関してはネタバレするので割愛しますが、いい感じで終わってくれて安心しました。
その後はどドラクエⅪもプレイしていましたね。プラチナトロフィーゲットしています。(やりすぎ)

少々脱線しましたが、普段の社会人としての生活と趣味の時間はたいして変わりません。
しかし、休日の夜となると翌日の事をあまり考えずにゲームする、何てことはありました。

休日の使い方

休日の使い方など、普段仕事にいっているときとこの時は何ら変わりありませんでした。
理由は、上の子の保育園のおかげ。
朝になれば登園準備をし、夕方になればお迎えに行く。子のルーチンのお陰でだらだらと時間を過ごさずにいられたので一日一日にメリハリが生まれ助かっていました。
つまり、保育園に行っている限りは問題なかったという事です。

上の子が突然「保育園行きたくない」になったら

無理に行く必要がありませんので、こちらも行きたい時だけでいいよと思っていました。
ここからが自堕落の始まりでもありました。
朝起きなくて済むようになるともう、手が付けられません。
のんびり起きてのんびり朝食なのか昼食なのかわからない食事して、外で遊んで昼寝して、またご飯食べて、お風呂入って、寝かしつけてとだらだら行ってしまいます。

しかし、ここから趣味の時間だけは抜かりなくゲームをする自分。
ダメ人間ですね…

とは言え、復帰はスムーズに行えていますから、せっかくの休みを子供とともにゆっくり楽しみつつ、自分のためにも使うのも大事ですよ。

まとめ

・保育園の送り迎えは時間のメリハリがつく、趣味時間もある
・時間の制限がないとだらだらしてしまいがち、でも趣味の時間もある
・せっかくの休みだし、少しの期間のんびりするのもいいですよ

育児に大きな影響がない限りは、多少だらだらしていいと思います。
せっかくの休み、育児をしつつ楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました