子供の抱っこにはスリングがおススメ

育児

小さい子供のお出かけって持っていくものが多くなって大変ですよね。
少しでも持っていくものは減らしたいけれど、どれも必要なものだから減らせないんですよね。
ここは視点を変えて、「ものが減らないなら、持っていくものを軽くする」というのはどうでしょうか。

題して「抱っこ紐をスリングに変えよう」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の抱っこ方法ってそんなに種類があるの?

意外とたくさんあります。
新生児~首が座るまでは横抱っこ(子供が寝ている状態での抱っこ)
首が座ってからは縦抱っこが主流になり、縦抱っこにはさらに対面抱っこと、前向き抱っこがあります。
おんぶ紐も含めれば、おんぶもありますね。
子供の成長に合わせて、抱っこの方法が変わっていきます。

スリングって?

リングに大きな布1枚を通して吊るし、袋状にします。
その中に子供を包み込むように抱っこして、肩掛けするものです。
子供と密着性が高い事もポイントです。

スリングの魅力(メリット)

私の場合ですが、上の子(執筆時2歳9ヶ月)を抱っこすることが多いです。
そして「スリング」を使用しています。それこそこの子が産まれた時からずっとこれ1枚です。
そんな私から魅力を紹介。

コスパがいい!

何といってもこれ一枚で、新生児からずっと使える事です。(新生児期については別途専用の横抱き用のパーツを付けます。大体一緒についています。)
値段も抱っこ紐に比べて安いです。
抱っこ紐(2万円~4万円)>スリング(1万円以内)>おんぶ紐(大体5千円) といった感じです。
そして2歳9か月の娘も抱っこできます。長く使えて値段も手ごろ、最強です。

スピーディー

装着もとても簡単。
まず自分の肩にかけて、袋状の布の中に子供を入れて、リングに通した布部分をキュッと引いて子供としっかり密着させたら抱っこ完了です。
慣れてしまえば1分もかからず抱っこできますよ。抱っこ紐ではこうはいきません。
抱きおろしが簡単という事は子供への負担も少ないという事になります。

軽い!薄い!

今回のポイントでもある、「持っていくものが減らないなら、持っていくものを軽くしよう」のコンセプトにばっちりです。
サイズ感は薄いバスタオル1枚くらいのサイズです。
これなら使わないときはバックにギリギリ(無理やり)押し込めます。
そして重さは、一般的な抱っこ紐ですと1Kg以上あるものが多いですね。
スリングは何と約0.5Kg!(新生児期は約0.7Kg)半分程度の重さです。
0.5Kgというと例えば10.5インチのiPad Pro1台分です。

シェアが簡単

結構重要なポイントです。
長時間の移動でママパパで抱っこを代わろうと考えた時、抱っこ紐ですと紐の長さ調整が基本的に必要になります。(往々にして男性の方がガタイがいいため)
この長さ調整ってかなり大変です。
抱っこ紐についている紐の数分調整するとなると気が遠くなります。
外でママパパを見ていると抱っこをしたらその人がずっと抱っこっているのしか見たことがありません。(片方に負担がかかりますね。)

そこでスリングです。
リングに布を通しているだけなので、通常使用でもここの調整だけです。
ここを緩めれば子供をおろせますし、キュッと締めれば抱っこできます。
つまり、紐の長さ調整が不要なんです。
子供が2人以上いる場合もその子に合わせてた長さ調整も不要です。

スリングのデメリット

さすがに良い所ばかりではありません。
デメリットも含めて解決すれば快適な使用が出来ますよ。

片手は自由に使えない

抱っこ紐は両手が使える点がなんといってもメリット。
スリングですと片手は子供を支えるのに使ってしまうので、どうしても自由なのは片手だけになってしまいます。
両手が使いたい家事をしているときはスリングでは難しいですね。
私の場合、お出かけ時は、支える側の手に軽い荷物を通すことで、デメリットをカバーしています。家事はどうにもなりませんね、おろしてします。

片方の肩に負担がかかる

最初の内は首や肩のこりがひどくて大変でした。
もともと長時間抱っこすることは推奨されていませんので、こまめに休むことが重要です。
これはほかの抱っこ紐でも共通です。
肩を休められるときにしっかり休ませておく癖をつける必要があります。

おすすめスリング紹介

実際に利用しているスリングを紹介しようと思ったのですが、すでに生産終了していましたので、同様の機能のものを紹介します。
シンプルな作りですし、メッシュタイプなので、夏でも熱がこもりにくいです。子供の方の洋服で温度調整すればオールシーズン活躍してくれますよ。

その他

スリングとしての使い方以外にも授乳ケープとしても利用が出来る点も実はポイントだったりします。これ1枚で2役なら荷物も減り一石二鳥です。
是非この機会にスリングへの買い替えをどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました