祭りを裏方から楽しむ

雑記

夏本番となり各地でお祭りが開催されていますね。

私のさいたまの実家も8月19日がお祭りです。

昨年は参加できなかったのですが、実は毎年実家の地元の祭りに裏方として参加しています。

今年も参加予定なのでその魅力についてご紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

盛り上げ方にもいろいろある

出店を出して食べ物や娯楽を楽しませたり、みこしを担いで盛り上げたりと様々ですね。
私の場合は地域の子供達や大人たちに「ポップコーンを振る舞う」です。
地元の自治会が開催している催し物に参加します。
こちらは自治会費でな運営となるので儲け等は発生しません。

タダです。

ではなぜ参加するのでしょうか?
私なりの理由と、参加することによる変化についてまとめました。

親孝行

私としてはこれがとても大きなポイントです。
ここまで育ててくれた親へは感謝を込めて親孝行したいと考えています。

そして父親が熱心にこのお祭りを盛り上げています。
そんな父親をサポートできるなんて親孝行になるではありませんか!
久しぶりに父とも話が出来るし、離れて暮らす自分としてはよい機会なのです。

地域の子供達と触れ合える

子供が好きならおススメですよ。いろんな年代、正確の子供たちに出会えます。

ポップコーンもそうですが、かき氷もやっています。
スーパーボールすくいなども出しているので、子供達が遊びに来ます。

みんなやんちゃですが、見ていて楽しいです。
小さい子供はママパパと一緒に来て「ポップコーン下さい」って言って誉められている姿を見るのは微笑ましくて好きな瞬間です。
ついついこっちも「凄いね~エライ!」なんて言ってしまいます。

もちろんやんちゃな子たちは「塩味飽きた、他のだして」と無茶振りしてきたりします。
そういう子たちとふれあうのも楽しいです。

そしてその子供達がこうやって自分たちのように祭りを裏方から盛り上げてくれるようになるといいなと思っているんですよね。

地域に貢献する、を経験できる

普段はわからない裏方を経験するのはよい経験です。
こういう人たちに支えられてイベントは成り立つんだなとか、普段ポップコーンなんて買っておしまいだけど、作って人に配るってこんな感じなのか、普段と異なる視点でものを見る事が出来るので一度経験しておくべきです。
私は地元から離れていますからちょっと感覚が違いますが、住んでいる場所に貢献することで、その地域での自分の居場所づくりにもなります。
ちょっとしたことかもしれませんが、地域と接しておくってとても重要です。

もちろんデメリットも

祭り自体は楽しめないし、娘たちも楽しめない

大きなデメリットです。

自分が裏方に回ってしまうと自分の娘たちはまだ小さいので放っておくわけには行きません。
お家で待機(パパだけ日帰り出張)となってしまいます。

もう少し大きくなるまで、待ってもらうしかありませんね。

まとめ

・裏方経験は新たな視点が生まれ、良い経験になる
・もし、両親が祭りを盛り上げていてるなら親孝行のチャンス
・いろんな人と接して自分の価値が上がる

ちょっと強引にまとめましたが、たまには違う視点から楽しむというのも一興ですよ。
機会があればぜひ経験してみて下さい。
思わぬ自分の特技に気づくことがあるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました