両利きです

雑記

現在私は得意不得意はあれ、両手を使うことができます。

両利きに憧れている、なんて方がいらっしゃればどうぞ読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそもどっちが利き手?

そもそも両利きだったわけではありません。
小さい頃は自分は左利きだと思っていました。
理由は左手で扱っているものが「箸」と「ペン」で、それは人が見ると「左利きだ」と見えやすいからです。それを聞いて自分は左利きなんだと思っていました。
それ以外の作業は右手で作業するので、正確には私は「右利き」です。
右利きなのが左手を使って生活しいてたという感じです。

両利きとなった出来事

小学生のころ、ローラーブレードが流行っていまして、私もその波に乗っていました。
足の裏すべてローラーですから油断すると転んでしまいます。
その時の転び方が悪かった…滑った時にとっさに左手をつき、全体重を乗せてしまったのです。
それにより左手首にひびが入りました。
左手で箸、ペンを使っていた私は右手での矯正を余儀なくされました。というのが経緯です。

反対の腕の修行

ひたすら使い続ける

使えるようになるコツは基本的には、使い続けるしかありません。
さすがに近道はありません。
利き手が使えなくなったからと言って、宿題が免除されませんからね。
かといって誰かに書いてもらうのも違いますから、仕方なく反対の手を使う事となりました。
それからは宿題も授業も食べるのも反対の手でした。

治った後も使ってみる

そうこうしているうちに、いつかは治るもの。
利き手が治ればそちらを使えばいいですよね。
でもここであえて「両方使い続ける」という事をやっていました。
急いで書くときは利き手だけれどもそうでなければ反対の手で書いてみるなどをしていくのです。

他の事も反対側でやってみる

あえて利き手用じゃないはさみを使ってみるとか、ボールを両手で投げてみるとか、ほかの事も両手両足を使ってやってみます。そうやって両方を訓練していくことで、どちらでも対応できるようにしていきました。小学生の頃の自分はどうやらそれが「楽しかった」ようです(ちょっと変な子ですね)

両利きっていい事ばかりか

さすがにそんなことはありません

副作用のようなものですが、右から渡されたらそのまま右手で、左から渡されれば左手でやろうとしてしまうようになっていました。これって実は不便。
途中で「あ、これ反対の手の方が得意だった」とか気が付くことも。
時々自分でもこの作業ってどっちがよかったっけ?となる事も。
健康診断での、採決の時に「利き手はどちらですか?」と聞かれつい「両利きです。」と言ってお互いに困った表情になったり(これ以降は文字を書く方を利き手というようになりました。)

まとめ

・両利きになる近道はなし、地道に使い続けよう
・両方で作業できるようになったら、交互に使うようにして忘れないように
・いい事ばかりじゃないからそこには注意

 

私の場合、小学生の頃に両利きとなる決意をしているので、出来るようになったこと、そもそもが右利きで、左手を使っていたことという偶然が重なったことで、通常よりも早く両利きとなれたのだと思います。
すでに大人になっている方は相当な根気がいる作業となると思いますので、子供とかにうまい事教え込むと両利きになるかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました