小さな子を持つ父親の日々の準備

育児

急に妻が熱を出してしまった!こんな時どうすればいいんだ!

何てことにならないよう、父親も日ごろから準備をしておいた方がいいですよね。
特に小さなお子さんがいる家庭では、妻に負担をかけすぎているといざという時に父親が対処できず、結果夫婦仲にヒビが…ともなりかねません。

そうならないためにも日ごろから準備をしておく必要があるでしょう。
今回は小さい子供がいる父親の日々、準備しておくべき事についてまとめました。
(今回の内容はあくまでも「夫婦共働きで父親が主たる生計者」の場合を前提にしています。
まだまだこのタイプが多いと思いますので。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供たちの健康状態を妻と毎日確認

毎日確認をしておくことで、子供の事について共有ができます。
調子を崩していて熱を出すかもしれないと分かっていれば事前準備も出来ますね。
わかっていればその後の役割分担もスムーズに行うことができるでしょう。
しかも、妻とコミュニケーションが取れるので、非常に大事です。

妻の体調には毎日気を使いましょう

普段と違うところがないかちゃんと見てあげましょう
毎日見ていればちょっとした違いに気が付き対処が速くなります。
気になるところがあったら聞いてみて、どんどん気を使ってあげましょう。
また、見てくれている事が伝わるだけでも嬉しいはずです。
それが分かれば今度は自分の事も見てくれるようになりますよ。

もしもに備えて仕事を夕方まで詰め込みすぎない

例えば、妻が急な発熱で保育園のお迎えに行けなくなり、自分が行く事になったとします。
しかし、仕事がギリギリまで入っていると早退してお迎えに行くことすらできませんよね。
それでは非常に危険です。
午前中や昼休み後に集中して仕事を行い、夕方(16時以降)には帰っても大丈夫くらいの感覚で仕事のスケジューリングをしておくことをおススメします。
もちろん仕事の都合は人によって異なりますので、出来ないのであればしっかりとフォローできる体制(代わりにお迎えに行ってくれる人を決めておく、など)を作っておきましょう。

いつでも家事、育児を代われるように

毎日の作業として洗濯、料理、掃除、ごみ捨てといった家事、朝の登園準備、朝食、離乳食準備、夕食、おむつ替え、沐浴、寝かしつけなどの育児があります。(もっとありますよね。)
この中で作業ができない項目が一つでもあるようなら要注意です。出来るようになりましょう。
また、日々どのくらいこれらの作業をしているでしょうか?
一つでも多く家事育児をして、日ごろから負担を減らしてあげましょう。
休日にその他の家事を率先してこなすのもおススメです。

まとめ

・いつでも妻の作業を交代できる心構えでいる事
・できない家事、育児があれば率先してこなし、出来るようになる事
・妻も、子供も毎日しっかりとみてあげる事

これらを意識して生活し、より良い家族生活を過ごしていきましょう。
今一緒に頑張っておけば、子供たちが独り立ちした後の夫婦仲に大きな違いが出ているはずです。
幸せな夫婦となるためにもしっかりとコミュニケーションと協力をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました