歩行者が率先して交通ルールを守ろう!

交通ルール

小さい子供を持つ親ならば、交通ルールはしっかり守って、少しでも子供たちを安全にしてあげたいと思うところですね。

しかし、昨今の車って結構危ない運転が多いように感じます。
これらをどうしたら減らせるかについて明日から自分たちが出来そうな事を考えてみました。

歩行者が率先して交通ルールを守ろう!

車の運転が危ないからそれについて対策するんじゃないの?と思われるかもしれませんが、その危ない運転の原因が歩行者にもあるかもしれません。という事で本題。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ歩行者が率先して守らないといけないのか

理由その1

交通ルールを守ることで、そもそも事故に遭いにくくする、ことです。
道路から飛び出さなければ飛び出しによる事故は減るし、歩行者通行可(これについては、語弊がありますがご容赦)だけを通るようにすれば、車との接触の可能性を減らせます
要は車との距離を空けておけば、何かあった場合でも対処できる可能性が高まるよねという考え方。
簡単ですね、明日からやりましょう
とはいえ、これでは危ない運転は減りにくそうです。

という事で…

理由その2

ドライバーにゆとりを持たせるためです。
歩行者が交通ルールを守るとなぜドライバーにゆとりを持たせられるのか。
簡単に言うと赤信号での無理な侵入を防ぐためです。
歩行者信号が点滅し始めると、慌ててわたり始める人って結構いますよね?渡っている途中ならば仕方ありません。(点滅信号はわたっている人が渡りきるくらいは点滅しててくれます。)
都内なんかもっとひどくて点滅してようが普通に歩いている人がいます。そうなるとどこにしわ寄せがいくでしょうか
道路上の車の方にしわ寄せが行くんです。
(日本の道路交通法上、歩行者の方が明らかに有利です。だから車は歩行者が歩道を歩いている限り、無理な運転はあまりしません。道路交通法第38条など)
そうすると本来自分までが曲がれたはずなのに、歩行者が無理にわたっているせいで行けなかったじゃないか!なんて人が出てきてしまいます。
そうすると歩行者も守らないなら自分も守らなくてもいいと思ってしまう人がいるかもしれません。
一旦そうなってしまうとその場所ではそういった通行、走行が常態化してとても危険な場所になります。
とても危険ですね。信号が変わったら歩行者も明日からはあきらめて止まりましょう
もちろん、歩行者が守ったことで、余計に交差点に進入する車が増えるかもしれません。
でも、歩行者と車の接触の可能性は凄く少なくなりますよね?ここも大事なポイントです

まとめ

歩行者が交通ルールを守ることで、事故への遭遇率を下げ、また事故に発展する可能性を下げることが期待できるのでは。
という事です。

ぜひみんなで守って、安心して利用できる道路にしましょう。
あ、道路を利用する際(に限らずですが)は酔っぱらいすぎにもご注意を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました