初のおむつ替え:おむつ替えは一人でやってみよう

育児

立ち合い出産したことで、父親としての感覚が芽生えたとはいえ、まだ感情としてそう思っているだけ。
何一つできるようになったわけではなく…

翌日午後に病室を訪れ、妻と娘に対面。
さすがに出産直後の妻は大変そうでした。(歩くのも一苦労という感じでした)

そして、トイレに行ってくるという妻に代わり、娘を見ていることになりました。
その時タイミングよく泣き出したことで何かせねばならなくなり、おむつの色が変わっている(取り換えお知らせ、とても便利!)事に気づき、初めてのおむつ替えをすることとなりました。

妻はトイレへ行っているし、ほかに人はいない状態。看護師さんを呼ぶのも変な話。
となれば自分でやるしかないと自分を奮い立たせ、いざおむつ替えを開始しました。
袋に書いてあるおむつの替え方を見ながらあーでもないこーでもないと格闘しながら、なんとかやり終えることができました。
これが初めての育児でした。

そこで思ったことは、育児は意外と難しいものでもないんだなということ。
大抵のことはやってみればできるというのはこれまでの人生で分かっていたことではありますが、育児は何となくそういうこととは別のものという認識がありました。
それが今回一人でおむつ替えしたことで改まったのはよかったです。

こうやって、一つずつやれる事を増やしていくんだなと感じた瞬間でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました