妻の妊娠が分かった時の父親(自分)の心境

育児

正直なところ、妻の妊娠が判明した時の最初の感想は、
「不安8割、自分の時間失う2割」(これは妻にも言っていなかった事です)
で嬉しさはほんのわずかでした。

これまでは妻と二人でのんびり時間を使っていたわけで、それが無くなる事となった訳です。
もちろん、子供がそろそろほしいとか、じゃあその準備もしていこうかとちゃんと話し合ったうえでの事ではあったんですが…

今後、どうやって趣味の時間を設けていけばいいんだろうとか、そもそも自由に行動できるんだろうかとか、子供の事というよりも、自分の時間の使い方の事を考えていました。
もちろんこの時点では「育休を取得しよう」なんて考えは微塵もなかったです。
それもあって、長女の時は育休を取得していません。

それに自分に子育てができる甲斐性があるとも思っていませんでした。
(出産直前、直後までずっとそう思っていました。)
まだこの時点では、子供の事よりも、妻のほうを最優先で考えていましたし…
(もし、出産時に母体か子供かどちらかを選択しなければならない状況となってしまったら、真っ先母体優先にしてほしいというつもりでした。そういう心構えだけはしてました。)

事前に多少の準備はできるとしても、いざその瞬間にならないと、本当に自分は父親としての責務を果たせるのかと心配だと思います。
誰だって、父親になることは初めての「初心者」なわけですから。

子供の顔を見るまではこんな心境の私でしたが、今ではしっかり父親やれています。
何も心配することはありません。その先には楽しい子供との生活が待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました